Japanese language school tokyo

Japanese language school tokyo
新しい日本語スクールが東京にできました。外国人の日本語習得支援校のような感じですね。

近年、日本に来る外国人は増えています。
しかし、日本語を習得しないで日本にくる外国人も少なからず多いです。
そのため日本を習得することは最重要課題と燃えいるでしょう。

日本語学校で学んだほうが効率的ですしなによりも外国人同士の仲間ができます。

おすすめです。

インターンシップが流行?

インターンシップは今はやっているようです。
就職活動は連日TVでやっていますが、インターンシップをして企業とのパイプを持つ学生や
インターンシップを利用して学生の能力を見極める企業が増えています。

従来の採用ではわからない職能の部分がインターンシップでわかるので企業側にも
メリットは大きいのと
学生側は仕事は何をするか理解でき自分の道を示しやすくなっているのではないでしょうか。

やみくもに会社の採用試験を受ける学生はこの時点で終わっているのでしょう。
インターンシップを利用して活動する学生が勝ち組だと思いますね。

では、インターンシップはどうやってさがすのか?
それは求人サイト的なものにインターンシップガイドという媒体がありますので
そちらで探すと便利ですよ。

留学について

フィリピン留学サービスがあるのをご存知ですか?
留学といえばアメリカとかオーストラリアが多いのですが、フィリピンに留学もできるのです。
フィリピンは日本からも近く、またこれから発展していくであろう国です。先進国へ行くよりも気づきは大きいかと思います。

これもまた、オンリーワンのサービスですね。ありきたりの留学でなく良い試みだと思います。

ちなみにフィリピン人は日本語をしゃべれる方も多いです。
また、フィリピン人からも日本語を教えてくれということもあるかもしれません。
基本的には語学で困ることは少ないです。
しかし、言葉が通じないという厳しい立場に身を置くという意味では物足りないかもしれませんね。

フィリピン留学、どうでしょうかね。。。

イタリア旅行サービスについて

イタリア旅行の代理店についてです。
大手のイタリア旅行プランは、実績などもあるのでまず安心が強いと思います。
しかし、小回りや独自性という意味ではありきたりでオンリーワンとはいえません。

逆に、個人系や中小系のイタリア旅行プランは、マニアックな名所やニーズに応じた独自性は高いと思います。

どちらがオンリーワンかといえば後者でしょうね。
しかし、後者の存在に気がつかず大手に流れていく現実もあります。
これは大手旅行会社の広告戦略ですね。海外旅行といえば○○○なんてよく耳にしますからね。
これはある意味良いサービスが目立たなくなってしまい消費者には大きな機会損失です。

私としてはオンリーワンのサービスがもっと日の目を見るべきだと思いました。

ウェブ業界のサービスについて考えてみる

まずは、ウェブ業界のサービスについて考えてみます。
ホームページ制作といってもたくさんのサービスがありますね。

安いところから高いところまで値段の相場すらわからないのがホームページ制作業界です。
SEO対策が込みとか書いてあるところもありますが、そもそも疑問も残ります。

そんなホームページ制作業界について調べてみると
安いホームページ制作は海外への外注&テンプレートというある程度出来上がったサイトに
画像をはめ込んでいくパターン化がされているとことがわかりました。

つまり、テンプレートだと同じようなサイトに出会う確率が出るということですね。
オンリーワンのサービスという観点からはこの安いホームページはNGでしょう。

では、高いホームページ制作サービスはどうでしょう。
高いホームページ制作は、まず国産でオリジナルデザインです。
デザイナーを抱えているから高いのですね。

そして、他付随するサービスも充実しているところが多いです。
集客を見越したサイト設計やSEO,LPO,EFOなどのオップションなど。。。
ようするにしっかりとしたサイトが制作できるのは高いホームページ制作ですね。
まさにオンリーワンの商材です。

私の感覚ですが、ホームページは会社の信頼度や集客面では営業マンにもなります。
だからこそ、きちんとしたホームページ制作サービスを利用することがよいと思います。